株式会社メディアサポート

リアルタイム 見守りセンサー

エム・ステーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

離床・体動・異常を2つのセンサーで見守ります。

当社では ①高齢化社会における多様化するニーズへの即応。②見守りの効率化による介護職員の負担軽減。③ご家族への安心・安全。を提供すべく、バイタル+体動判定による介護ロボット『エム・ステーション』の開発・製作に関わってきました。
本製品は、TAIS(福祉用具情報システム)コード(コード番号:01648-00001)を取得しており、幅広くご利用頂ける製品です。
本製品の販売を通じて、介護に携る全ての皆様へ「安心・安全」を提供してまいります

エム・ステーションの紹介

  • 安心・安全をお届けします

    本機は、2つのセンサーを使用してベッドからの、離床・体動・異常を見守る製品です。
    ドップラーセンサーでの生体(呼吸、心拍、体動)検知とイメージセンサーによる離床検知で、精度の高い見守りが可能です。又、カメラ機能により、リアルタイムで映像を確認でき目視による見守りも可能です。
    見守り対象者に異常があった場合は、異常検知後、約1秒で管理端末へ異常を通知します。素早い初期対応が可能になる事により、重大事故を軽減する事ができると考えられます。
    既存の、ベットセンサーが接触型であるのに対して非接触型のセンサーですので、見守り対象者の身体的負担や、誤った接触による誤作動が無く、見守り対象者、介護事業従事者、双方のストレスを軽減する事ができます。
    又、見守り対象者が複数の場合でも、管理端末1台につき50台を一括管理する事ができますので、業務の効率化、作業の軽減、ストレスの軽減、を図る事が出来ます。
    安価で、設置に大掛かりな工事を必要としない初めての製品です。
     
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら