株式会社ネクストリー

教育関連 / 人材関連(派遣・職業紹介・業務請負) / その他サービス

仕事の「やる気度・本気度」が飛躍的に向上

仕事の「じぶん事」

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -

仕事の「じぶん事」の紹介

  • 中小企業の管理職を対象に「仕事のじぶん事」研修を実施

    「仕事」に対する当事者意識が感じられない、主体性に欠ける管理職が増えてきた、と感じたことはありませんか。 与えられた業務は責任を持ってこなすのだが、それ以上がない。 自ら考え、自発的に動くこともなければ、与えられた業務以外は自分の役割外として他人事のように考えている。 これらは、多くの成長途上の企業が経験する事象の一つだと言われています。 なぜ、このような事象が起きてしまうのでしょうか? 企業が小規模の時、多くの管理職は経営者の近くで共に働くことで経営者の想いや意志を感じ取り、同じビジョンと目的を共有することができます。結果として、経営者に近い目線で仕事に取り組むことが可能になります。 しかし、規模が拡大していくと、経営者との間に距離が生れ、その想いや意志が伝わりにくい状況になってきます。すると彼らは、会社のビジョンや目的より、自分の与えられた業務に意識が集中し、あたかも自分の仕事は「その業務だ」という感覚になってしまうのです。 よく耳にする「弊社の管理職は視野が狭い、保守的でチャレンジ精神がない、他責で被害者意識が強い、内向きで顧客志向が弱い」等の原因は、全てここに起因しているといっても過言ではありません。 これらは、企業の成長の足かせになるだけでなく、衰退の要因にもなる大変危険な事象です。言い換えれば、これらを解決することが次のステップへ成長するための絶対条件になります。 では、どのように解決していけばよいのでしょうか? これを解決するには、管理職の仕事に対する意識を「会社の理念・戦略」へ転換させる必要があります。彼らが認識している仕事の領域を「自分が与えられた業務の遂行」から「会社の理念・戦略の実現」へ転換させるのです。 これは簡単なことではありません。「会社の理念・戦略」に対する深い理解と会社や自分自身にとっての意味(意義)を心の底から納得する必要があります。 これを実現するのが、弊社の「Internal Branding Workshop」です。「会社の理念・戦略の実現」を「じぶん事」にすることで、経営者視点を持ち、「仕事」に対する強い当事者意識を持つ主体的行動人材へと進化・成長させていきます。
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら