株式会社ZUCC

スポーツ・ヘルス関連施設 / 経営コンサルタント / 教育関連 / 人材関連(派遣・職業紹介・業務請負) / 専門サービス業

コンサルタント

経営本部(取締役)佐藤 伸也

このエントリーをはてなブックマークに追加
自社では経営全般に携わっております。
対外的な職務としては、コンサルタントとしてクライアントの経営のサポートを行っています。
主なクライアントは、サッカー及びフットサルを中心としたクラブチームの他、Jリーガーや日本代表選手などのプロサッカー選手のセカンドキャリアサポートを行っております。
- AD -
部署 経営本部
役職 取締役
氏名 佐藤 伸也
生年月日 1977年04月07日
入社年度 2007年
出身地 神奈川県 藤沢市
出身高校 深沢
出身大学 国士舘大学
職種 新規事業企画、事業プロデュース

入社した理由

前職では、医療福祉のコンサルタントとして勤務しておりましたが、2007年に弊社の代表に声をかけられ、起業する事になりました。


担当している仕事

主に取引先クライアントの事業サポートです。
クライアントの多くは、サッカー及びフットサルを中心としたスポーツ関係のクラブチームや、Jリーガーや日本代表などプロサッカー選手です。

グラウンドやフットサル施設の企画から整備、運営サポートまで行っております。


入社して大変だったことや、予想と違ったこと

一般的な経済活動も、もちろん大変ですが、携わっているのがスポーツ業界という事で、試合に勝った負けたというその日その日にしか結果が分からない様な要素が多く、それがまた経営に影響してくるので、少し特殊な業界だと思っております。


仕事のやりがい

グラウンドやフットサル施設など、整備に携わった施設で、子供から大人までスポーツを楽しんでいる光景を見ると、次の仕事へのモチベーションになります。


大切にしていること、学んだこと

スポーツ業界は、大多数が自身も幼少からスポーツをしていた方が多いです。
その分、ある意味情熱的に仕事に取り組む特徴がありますが、その活動を継続させる為には情熱の矛先を経営という部分に向ける必要もあります。
情熱だけでは経営は出来ず、経営だけでは当初の目的がずれてきてしまうので、バランス感覚が大切だと学びました。

二宮尊徳の「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」という言葉に学んでおります。


目指すキャリア

自社で運営しているクラブチームが日本一を獲得する事と、自社専用のサッカーグラウンドを所有したいです。


未来の仲間へのメッセージ

同じ目的を持って、情熱的に仕事が出来る仲間がどんどん増える事を期待しています。


相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,911社の中から提案が届きます 詳しくはこちら