姫路の町から全国へ、どろ焼き・たこ焼きの有限会社喃風

フードビジネス(総合)

商品力・人間力・店舗力

喃風

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昭和61年、姫路市船場に「お好み焼ハウス 南の風」を開店したのが創業南風の始まりです。
 その後、市内にファミリー層向けの「南風」を2店舗開店するのですが、3店舗目がオープンしたのは平成10年。
 今では考えられないほどゆっくり成長していきました。

 そんな「喃風(平成15年改称)」が爆発的に展開するきっかけとなったのは平成11年誕生、「たこ焼作られへんか?」というお客さまの一言でした。
 試しにお好み焼のネタに玉子とダシ、タコを入れて鉄板の上でオムレツのような形に焼き、明石焼き風にダシを添えて出したところ大好評!
 瞬く間に口コミで広まりました!

 そして、この『鉄板たこ焼』を改良して誕生したのが『どろ焼』です。
 現在は、『どろ焼』と『鉄板たこ焼』を看板に、直営店とFC店を展開しています。

 創業者の意思を継ぎ、全てにおいてお客様にご奉仕し、どんどん「感動、感激、驚き、びっくり」を継続していくこと事を我々の使命とし、喃風がいつまでに愛されるようがんばっていきます!

相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,906社の中から提案が届きます 詳しくはこちら