ホワイト企業就職率No.1の就活スクールならホワイトアカデミー

教育関連

安心できる将来が、ここにあります。

ホワイトアカデミー

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -
TalentCloud

160,000人、、、
これは、毎年入社後に会社選びを後悔する就活生の数です。
おびただしい数の就活生がファーストキャリアの選択に失敗しています。


失敗の形は人それぞれです。
志望企業に受からなかった、就職浪人してしまった、
よく考えずにブラック企業に入ってしまった、親と仲違いしてしまった。

おびただしい数の相談が毎年我々のところに来ます。


実は、かくいう私も当時はそんな失敗就活生の一人でした。
東大に入り、万全な実績とガクチカをもってしても軒並み企業から落とされる。
そんなダメ就活生の一人が私でした。


当時もいまもネット上には就職エージェントのテクニックが
蔓延していますし、大学のキャリアセンターは求人のリストなどの
サポートを充実させています。


にも関わらず、就活で後悔する人が後を絶たない。


・・・なぜ、そんなことになっているのでしょうか?
それは、新卒の就職マーケットの構造的な欠陥にあります。


私がデロイトトーマツグループで働いていた時にわかったのですが、
新卒の求人マーケットは、質より量を捌かないといけないため、
転職エージェントやヘッドハンターのように個別で質の高いフォローをすることが難しいのです。


事実、エージェントは数をさばくためネット情報だけを充実させていますが、
就活生にはそれをやるだけの時間と気力はありません。


また、大学のキャリアセンターは他の業務も兼任しているため、
1人1人を長くサポートする仕組みは整えられていません。


結果、きらびやかに光る上澄みの層だけがうまくいき、
それ以外が苦労して路頭に迷うという構造ができあがっています。
その構造がゆえに出来上がった数字が160,000人なのです。


この状況をどうにかしたい。
そう思って教育歴10年の私と、人材業界で働く渋谷で創立したのが
ホワイト企業内定専門の就活スクール「ホワイトアカデミー」です。


就活生の中には何をすべきかわからないばかり戦略がたてられず、
「僕は自頭が悪いから無理だ」「うちの大学から大手に受かった人なんていないし」
「就活はダメだからブラック企業でいいや」と半分あきらめている人も少なからずいます。


それは非常にもったいないことです。


正直、今のホワイト企業は学部問わず
1年間方向性を間違えずにきちんと対策すれば
必ず総合職で内定できます。


事実、ホワイトアカデミーの生徒の中にはめぼしい実績もなかった大東文化大学の生徒が青山商事に内定を果たしていますし、
日本大学でコンサル会社7社を受けて全て落ちなかった人、
そして東京海上の総合職に内定した後に新人の中でナンバーワンの成績を残したなどという例も多数あります。


私は今までの指導経験の中で、
「内定がもらえない生徒は実績がないからではない」
ということを確信しています。


就活で苦戦するのは、就活におけるゴールを誤って設定し、
一貫性のある戦略的な対策を活動を行えないがために、
本来覚えるべきものを暗記せず、わからないことを質問できずそのままにし、
グルディス、面接もやり方がわからず我流で行ってしまい、
さらに自分に何が必要かあやふやなため十分な対策をしていないからです。


自分の家できちんとスケジュールを作り、自分に何が足りないか?
足りないものをどう埋めるべきか?を把握し、
毎日コツコツ対策できるという人はほとんどいません。


ホワイトアカデミーでは毎日勉強させるための「メールフォローシステム」、
内容の理解度をはかる「34のワーク」、
ワークの点数が悪い場合強制的に入る「トレーニング」、
学習状況の問題を話し合い個人個人にあった進路の方向性を決定していく「個別カウンセリング」という、
生徒の不安や悩みを改善する4つの制度を導入しています。


「毎日家でキャリアやビジネスの勉強をし、通過するESを書き、休日にはGDや面接対策をする」
という生活は正直大変です。


「授業を聞くだけで、時間がくれば終わる大学」とは雲泥の差です。
やる気のない就活生は続けられずやめてしまうでしょう。


しかし人気企業に内定するということは、
それほど大変なことなのです。
(入りたくても入れない人はごまんといるのですから)


でも、やる気さえあれば誰でもその道は開かれています。
White Academyの入学資格は「やる気」だけです。


「何としてでも志望企業に合格したい」という強い信念のある方は、
是非ホワイトアカデミーを選択の一つに加えていただければ幸いです。


創立後、改良に改良を加えて100名以上の就活生の面倒を見る中で、
東京海上といった大手損保、メガバン、コンサル、Sierなどへ次々と内定を決める就活生を見ていると、
少しでも自分たちがやっていたことにも社会的意義はあったのかなと思えるようになりました。


ホワイトアカデミーは決して今の勢いに甘んじず、
今後も一人でも多くの就活生に最高のファーストキャリアを歩んでいただけるような
教育機関として進化していきます。


我々とお付き合いする中で、
すこしでもあなたの未来が変わることを祈っております。


今後ともどうぞホワイトアカデミーをよろしくお願い致します。


White Academy創始者
竹内健登

ホワイトアカデミーの紹介

  • なぜ、ここまで内定を出せるのか?

    卒業生たちの声を聞いてみると、どのようにして彼ら・彼女らが内定をとって行ったのかがよくわかります。

    https://avalon-consulting.jp/interview/


経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら