株式会社センチュリークリエイティブ

新着情報

2014.12.29
応援メッセージが公開されました。
2014.07.19
ブログ記事 “世の中が動く瞬間  2014年9月に日...” を追加しました。
2013.09.09
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 東京オリンピッ...” を追加しました。
2013.09.03
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 コラボレーション編” を追加しました。
2013.09.03
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 世代交代編” を追加しました。
2013.08.27
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 海外ビジネス編” を追加しました。
2013.08.22
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 集中豪雨と人工...” を追加しました。
2013.08.03
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 神戸編” を追加しました。
2013.07.30
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 書籍編” を追加しました。
2013.07.28
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 中国ネットモール編” を追加しました。
2013.07.26
ブログ記事 “世の中が動く瞬間 京都老舗編” を追加しました。

会社情報

会社名 株式会社センチュリークリエイティブ
代表者名 林 勇作
企業HP http://100nenkigyou.hp4u.jp
所在地 〒604-8006
京都府京都市中京区下丸屋町403番地
FISビル2F
設立 2012年11月12日
創業 2012年11月12日
資本金 315万円
従業員数 1~5人未満

業種 コンサルタント業
キーワード 京都100年企業 / 京都老舗 / 商いのイロハ / 女性的感性 / 女性的起業家
会社商品 PR 1.京都100年企業研究会
年会費18万+消費税。
その内情を知ることがほとんど不可能な京都の老舗企業に訪問し、更にご当主に事業継続の秘訣を直接聴くことができる研究会。全国でも初めての取り組み。
現在30社近い京都老舗とのネットワークを持つ。

2.京都老舗に学ぶ商いのイロハ 1,620円(税込)
代表 林がまとめた、老舗の学びを自社の長寿企業化に役立てることができる書籍。

3.起業塾 1回(2時間)6,000円~
女性的感性を持ち合わせる起業家(男女、国籍問わず)を支援する起業塾 (株)世代継承活学社とのコラボレーション。
*女性的感性とは「つながり、謙虚、素直、忍耐、共感、信頼、寛容、柔軟性、弱さ、調和」を重視した感性をいう。

4.講演 基本90分~6時間 10万円~50万円
代表林が実際に学んだ老舗の継続の秘訣を、中小企業診断士という経営の国家ライセンス保持者の視点から、鋭く観察し、その本質を伝える講演会。研修会。
事業内容 1.京都の老舗に直接訪問し、ご当主のお話(継続の秘訣)をお聞きする研究会を主宰。

2.老舗の学びを日本国内企業、海外企業の経営者に伝えるための老舗ツアー、講演会、書籍発行。

3.老舗の伝統工芸品を海外のニーズに合わせて、イノベーションし、海外の販路を拓く事業。

4.時代の成功のキーワードを持つ女性的起業家を支援する起業スキル講座の開設、成功までの伴走支援を行うコンサルティング業務。
*女性的起業家とは女性的感性を持ち合わせる起業家で
男女、国籍を問わない。
*女性的感性とは「つながり、謙虚、素直、忍耐、共感、信頼、寛容、柔軟性、弱さ、調和」を重視した感性をいう。


5.大学客員教授として、企業の経営改善の実践を支援。

企業理念/
こだわり/
他社との違い
大きく変化している世界の価値観をしっかりと認識、理解、そして実践するために、古きを温ね、新しきを知る(温故知新)を信念とし、京都の老舗に学び、理論的体系と現場実践の知恵を融合させた本物経営学を提供する。

これからの時代が求める女性的感性を最重要し、その感性を持ち合わせた経営者、起業家を成功まで支援することを信念とする。

日本国内にとどまらず、アジア諸国、欧米諸国に継続をキーワードとした経営を書籍、映像、講演、インバウンドツアーを通して提供していく。

以上他にないノウハウ提供をモットーとする。
特徴的な制度/社風 自分がやりたいことを100%やりぬく。
今後の事業展開/
ビジョン
ビジョン
1,何を: 老舗に学ぶ企業継続のノウハウを
2,誰に: 日本全国 アジア、欧米の企業経営者
3,手段: 講演、書籍、映像、インバウンドツアー
で提供していく。

成果目標
自身の後継者を3人育て、自社自ら100年企業となる。
100年後、世界に100年企業を100社以上増やす。
- AD -
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

この会社のホームページを見る
相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,915社の中から提案が届きます 詳しくはこちら