カーティス・インスツルメンツ・パシフィック株式会社

商品・サービス

新着情報

2014.12.04
社内風景・その他に写真が2枚追加されました
2014.12.04
商品「製品のページへ」を追加しました
2014.12.04
応援メッセージが公開されました。
2013.09.25
ブログ記事 “社長TVの公開が始まりました。” を追加しました。
2013.09.20
ブログ記事 “社長TV” を追加しました。
2011.05.12
ブログ記事 “エスカレーターとエレベーター” を追加しました。
2010.07.23
ブログ記事 “タイに行ってきました。” を追加しました。
2007.07.20
ブログ記事 “Skype スカイプ” を追加しました。

会社情報

会社名 カーティス・インスツルメンツ・パシフィック株式会社
代表者名 三ヶ尻 正 (社長)
企業HP http://curtisinst.co.jp/
所在地 〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-6-5
OS'85ビル8階
設立 1992年09月18日
創業 1992年09月18日
資本金 2500万円
従業員数 10~20人未満

業種 精密機器
キーワード 電動車用モーター制御器 / バッテリー残量計 / アワーメーター / 電動車輌用充電器 / DCDCコンバーター
会社商品 PR 創業はアメリカで1960年。アポロ計画の月面車用のバッテリー残量計でした。PWM(Pulse Width Modulationパルス幅変調)方式を電動車輌の制御に世界で初めて導入したのも弊社です。その後計器類のソリッドステート化(動く部品がない)、DCモーターの他励分巻(SepEx)化、ACモーターでの誘導電動機対応などさまざまな技術革新を先導しています。実績と信頼のカーティス製品です。
事業内容 電気自動車・電動車輌として広く普及しているのは、フォークリフトや高所作業車、牽引車、電動台車、ゴルフカートなどの構内車です。カーティスは電動車の中枢機器であるモーター・スピード・コントローラ、バッテリー残量計やアワメータ等の計器、充電器やDCDCコンバータなどの電源機器を作っています。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
カーティス製品は、その高い技術力に加えてコスト競争力でも他社の先を進んでいます。また新製品導入のネックとなりやすい、開発費や型費などでは、同業他社よりひと桁下の競争力を発揮。お客様の技術の次世代への移行を後押しします。
カーティス・インスツルメンツの日本法人、カーティス・インスツルメンツ・パシフィック(株)では、お客様との徹底した対話を重視しています。ニーズを深く理解した上で最適解をご提案しようと励んでおります。
特徴的な制度/社風 カーティスはグローバルには1000人超の中企業、日本法人は正社員7名、嘱託やアルバイトを入れても10人強の小さな所帯です。
この小さなグループのメリットは機動力と柔軟性。お客様に対しては「すぐやる」「変えられるものは変える」がモットーです。
社員は小さいオフィスながら、それぞれの分野のプロフェッショナル。30代から60代まで幅広い世代がいて、育児や介護などライフサイクルの色々負担を持つ社員もいますが、さまざまなワークスタイルを認める柔軟な制度運用と、助け合いの実践でチームのパフォーマンスを上げています。
今後の事業展開/
ビジョン
環境問題、日本の産業の高度化・ソフト化など産業構造の転換により、電動車へのニーズはゆっくりながら着実に高まっています。一つ一つのプロジェクトに真摯に取り組んで、業容を今の5割増、倍増へとつなげていきたいと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

この会社のホームページを見る
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら