株式会社三春製作所

新着情報

2015.03.12
株式会社バーブワイヤー 志智 代表から推薦を受けました。
2015.01.09
株式会社佐田 佐田 社長から推薦を受けました。
2014.11.14
応援メッセージが公開されました。

会社情報

会社名 株式会社三春製作所
代表者名 中島 史登 (代表)
企業HP http://www.miharu.org
所在地 〒561-0828
大阪府豊中市三和町2-7-21
設立 1957年03月20日
創業 1954年08月05日
資本金 2200万円
前期の年商 2億2000万円
従業員数 10~20人未満

業種 その他製造
キーワード 製缶業 / 産業機器製作 / ステンレスインテリア / ステンレス製作全般 / ステンレス
会社商品 PR 事業内容の中に書きました。
事業内容  主に製缶という手法でステンレスの加工をしています。(ステンレス製缶とは簡単にまとめると、ステンレスの板やパイプや他形状部材などを切ったり曲げたり巻いたりプレスしたり溶接してくっつけたりなどして立体的なものを造り出すことです)。基本的には、機械メーカー様から図面を頂いて、その図面を基に忠実に加工していきます。
 製作の中心となるものは、食品・薬品・生活用品の加工機のステンレスの部品です。その中でも形状の難しいステンレスタンク(SUS304、SUS316Lが多いです)が得意です。機械部品には、タンク以外にも架台であったり撹拌羽根であったり、色々なステンレス部品があります。そういったステンレス部品も、図面を頂いて製作させていただいてます。他にも、母材が鉄で出来ているものがありまして、ステンレスの2mmぐらいの板を使って、母材の形状に沿ってステンレスライニングをすることもあります。これは、図面からではなく現物合わせでの展開作業になるために、ものすごくむずかしいです。事業の90%以上はこういった製缶もので、のこりの10%未満でメーカーとしてステンレスインテリアをしています。これも依頼を受けて製作しています。テーブル・ビールジョッキ・ロックグラス・花器・オブジェ(追悼での、馬主様が亡くなられての馬のオブジェ・アメリカンフットボールの選手が亡くなられてのヘルメットなども製作させて頂きました)など製作しています。
 事業内容はこのようなもので、より良いステンレス製品を、これからも一生懸命製作していきたいです。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
 「ステンレス加工の技術向上を通じて社会貢献をする」を企業理念としています。
 私共は食品・薬品・生活用品などの加工機のステンレス部品を製作させていただいている会社です。今の豊かな暮らしに欠かせないものを生産する機械において、機械部品の形状云々は商品の量産性に大きく影響してきます。食品や薬品の量産性が上がれば、それだけいろいろなものが多く作れて多くの人にいきわたります。私共が日々技術向上に邁進し、より良きものを製作することにより、少しでも社会のお役に立ちたいと思い掲げた信念です。
特徴的な制度/社風  座右の銘でも書かせていただいたのですが、㈱三春製作所の職人の心得で「ひとつの和を以って すべての笑と生す」ということを掲げています。この意義は、個人プレーを戒め㈱三春製作所がひとつの和になり、皆で頑張り、皆で協力し合い、皆で技術向上を邁進して、皆でより良きものを生産し、お客様にも喜んでもらい、㈱三春製作所に関わるすべてを含み、全体で笑い合える環境を作り出す三春の心意気です。
 社風は、おしゃべり・笑い・助け合いが暖かく丸まったような、楽しい一家みたいな感じでやってます。
今後の事業展開/
ビジョン
 60年近く製缶という手法でステンレス加工を貫いてきました。これからもステンレス製品の可能性を高めれるように、日々技術向上・日々努力を貫いて製缶を極めたいと思います。
 工業製品・インテリア製品ももちろんなのですが、いろいろな業種のなかでステンレス製品は限りなく使われていると思いますので、これからはいろいろなステンレス製品製作に関わっていきたいです。そして、インテリアに関してはメーカーとしてやっているので、個人のお客様に喜んで頂けるような『世界に一つだけの』いいものも作っていきたいです。
- AD -
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

この会社のホームページを見る
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら