丸竹コーポレーション株式会社

服飾雑貨・皮革製品 / 福祉・介護関連

不安があればこそ、慎重に物事を進められる

代表立花 克彦

動画の続きを再生するには会員登録して下さい。
この動画をシェアする
埋め込みコード
<埋め込みコード>

※このHTMLタグを利用して任意のページに動画を埋め込むことができます。 閉じる

【丸竹コーポレーション株式会社】は、毛布の製造販売にクリーニングや真空パックという付加価値を付けることで、他社と一線を画すサービスを展開する。立花社長は働く自らの姿を示すことで社員たちを導きながら、100年続く企業として存続していくことを目指す。

[番組公開日:]

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -
プロフィール
代表者名
立花 克彦 (代表)
生年月日
1961年12月20日
出身地
大阪府 泉南市
出身高校
天理 柔道部
出身大学
日本体育大学 中退
趣味
読書(日本史)掃除神社仏閣探訪
休日の過ごし方
先祖供養(お墓参り、掃除)神社仏閣探訪
過去に経験した
スポーツ
講道館柔道5段、少林寺拳法、ボクシング
座右の銘、
好きな言葉
諦めず気が遠くなるまで繰り返す諦めればその先には何も無いが、何事も諦めずに続けている限り未来に続く道は必ずあるはずです。 何事も諦めず、達成できるまで辛抱強く繰り返し、前進し続けようと日々に覚悟を決め、毎日精進しております。
代表就任以前の
職種
プリンセスホーム個人経営(宅地建物取引主任者)
メッセージを送る

立花代表のストーリー

  • 『何事も諦めず気が遠くなるまで繰り返す!』

    『何事も諦めず気が遠くなるまで繰り返す!』





    私は柔道の中でこの事を学ばせて頂きました。諦めず精進を続けている限り未来に続く道は必ずあるはずです。





    この歳になっても今尚、なかなか未来はスッキリとは見通せません。しかし日々に危機感を持って覚悟を決めて、走り続けております。                          
  • 「三方良し」

    三方良しとは? 



    「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。

    売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるという近江商人の心得をいったもの。






    私の目指す「三方良し」は、

    まずお客さまからの信頼の積み重ねが必要であり、その信頼を得るのは、経営者として真面目に仕事に取り組む姿勢であると考えています。

    そして周りの人(社員)を物心両面で豊かにする為には、働く価値のある会社を創って行くことだと信じています。

    そしてこの精神で歩んで行った先の結実が社会貢献だと考えます。 


    そう思い取り組んでいるのが、障がい者の雇用、スポーツ発展のための協賛、人道支援団体への寄付などです。また地球環境を考慮して、太陽光発電を導入し、環境に優しい商品開発を心がけています。

もっと見る

掲載社長からの推薦文

応援メッセージ

  • 西谷 千素

    立花さんと石井先生のお話読ませていただきました。素晴らしいお話でした。柔道のつながりは素晴らしいです。石井先生は立花さんのお話を一日一回必ずされます 酔っぱらわれるともっとです。立花さんのブログのアドレスをいただきてやっと立花さんのお顔を拝見できました。 

    西谷 千素
  • 三共毛織株式会社  中野 勇三

    地場産業の発展にご尽力頂きありがとう。

    三共毛織株式会社  中野 勇三

会社情報

会社名 丸竹コーポレーション株式会社
代表者名 立花 克彦 (代表)
企業HP http://marutake-corp.co.jp/
所在地 〒590-0521
大阪府泉南市樽井7-21-13

〒590-0533
大阪府泉南市中小路2-1837-1

総合医療福祉グループ
サービス付き高齢者向け住宅「フラワーホーム」
総合訪問ステーション「フラワーナース」
ケアプランセンター「フラワーケア」
付帯医療施設「フラワークリニック」
設立 1998年01月06日
創業 1953年04月01日
代表就任年度 1998年就任 (代表)
資本金 3000万円
前期の年商 14億8400万円
従業員数 30~50人未満

厚生労働省認定 障害者優先調達法適合 重度障害者多数雇用事業所

従業員の平均年齢 35~40歳
業種 服飾雑貨・皮革製品 / 福祉・介護関連
キーワード 毛布 生理 業務用  / 災害用備蓄用 / フラワーホーム   / 介護 看護 デイ / フラワークリニック
会社商品 PR 当社の主力製品は、リネンサプライ向け業務用毛布&官公庁向けの災害備蓄用毛布、またそれらを使用後にクリーニング及び真空パック梱包するリニューアル加工とPETリサイクル素材から作られた工業用土木資材フェルトの製造販売です。また26年度より従来の災害備蓄用毛布や災害備蓄用生理用品のコンパクトタイプの販売も開始いたしました。さらに創業60周年を機に新たなる経営資源を求めるべく「第二の創業」というスローガンのもと、新規事業計画の一環といたしまして平成27年11月より、サービス付き高齢者向け住宅「フラワーホーム」、総合訪問ステーション「フラワーナース」、ケアプランセンター「フラワーケア」、付帯医療施設「フラワークリニック」の4社を総合医療福祉グループとして展開し運営を開始しております。
「環境に優しい物づくり」と「医療・福祉・介護」を通しての社会貢献を信念に、社員一同が一丸となって精進を重ねる覚悟でございます。
事業内容 1.官公庁及び一般企業向災害備蓄用毛布製造販売
 及び真空パック梱包加工 
2.リニューアル真空包装(使用後の洗濯&再パック)
3.業務用環境毛布製造販売(リネンサプライ用)
4.ニードルパンチング乾式不織布製造販売
 (工業用・住宅建設用・土木資材用フェルト)
5.災害時用緊急マット・カーペット製造販売
6.テキスタイル製品・リネンサプライ製品関連商品製造販売
7.紡績原糸(リンク紡・空気精紡)の製造販売
8.炭素繊維の受託加工
9.リラクゼーション事業部(エステティックサロン経営)
10.生理用品の梱包加工及び販売(災害備蓄用)
11.ファイバーメーカー代理店 帝人、小島、根来産業
12.サービス付き高齢者向け住宅 「フラワーホーム」運営
13.総合訪問ステーション 「フラワーナース」運営
14.ケアプランセンター 「フラワーケア」運営
15.付帯医療施設 「フラワークリニック」運営
企業理念/
こだわり/
他社との違い
近江商人の言葉で「三方良し」というものがあります。
売り手と買い手が共に満足し、社会貢献できるのがよい商売であるという言葉です。
当社が目指しているのは、そこです。
社会の役に立ち、また社会から歓迎され、信用され続ける会社でありたい。
そう思い取り組んでいるのが、高齢者や障害者の雇用や施設の運営であったり、地域のスポーツ大会や文化事業への協賛や支援活動です。
また近年は地球環境を考慮し太陽光発電の導入や、環境に優しい商品の開発を進めながら生産活動を行なっております。
詳しい企業理念は「社長の言葉」欄を方針については「立花克彦ブログ」御参照下さい。
特徴的な制度/社風 当社の社員には、自分たちの事を「単に会社で働く従業員」だと思ってほしくありません。
一人一人が経営者で、一緒に経営しているという感覚を持って欲しいと思っています。
「もし失敗した時の責任は私が全部取るから、自分が社長だったらどうするか?自分でよく考え自分で決断しなさい」とよく言っています。
また潜在能力をUPし、スキルを上げていってほしいという思いから、資格取得の援助なども積極的に行なっています。
今後の事業展開/
ビジョン
安定経営を目指す中で多角化という課題に伴い、医療介護関連施設の開設・サービス付き高齢者向け住宅の運営等を27年11月より開始しております。
弊社の営業方針は創業以来、信用を第一と心がけ「三方良し」の精神を基盤に、人と地球環境に優しい安心とやすらぎの物づくりと「医療・看護・介護」サービスを通しての社会貢献をモットーに高齢者や障害者の雇用を中心とした堅実経営を行ってまいります。
その他 「立花克彦ブログ」(週毎更新)絶賛公開中
「サ高住 フラワーホーム」HP(ホームメイトシニア)及び動画公開中
- AD -

立花代表を推薦している社長

株式会社CBMIホールディングス小野雅弘 株式会社バーブワイヤー志智綾 株式会社佐田佐田展隆 株式会社安成板金工作所安成孝則 株式会社Feliz牧裕晃 株式会社センター商事石尾慶一郎 VOLANTE佐伯輝雄 バイオミストジャパン株式会社川越広之

経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら