アップコン株式会社

建設・土木

ウレタンを使用した沈下修正工法

アップコン工法

このエントリーをはてなブックマークに追加

地盤沈下などが原因で、沈下・段差・傾き・空隙が生じたコンクリート床。
アップコン工法は、このような床を、操業を止めずに短時間で修正する新技術です。
既設の床を壊さずに施工するので、従来工法(コンクリート打替え)と比較し、工期は約1/10と大幅に短縮。
荷物・機械等の撤去や、大型プラントの設置も不要なので、操業を止めずに施工が可能です。

アップコン工法の紹介

  • アップコン工法(コンクリート床スラブ沈下修正工法)とは

    沈下・段差・傾き・空隙が生じた既設コンクリート床に、直径16mmの小さな穴を開け、ミリ単位でレベルを常時監視しながら、ウレタン樹脂を注入します。床下に注入された樹脂は、短時間で発泡する圧力で地盤を圧密強化します。更に地耐力を向上させながら、コンクリートを押し上げて元に戻します。樹脂の最終強度は、約60分で発現します。また、床下に空隙が発生している場合でも、同じ方法で空隙充填を行います。
  • 短工期

    工期は従来工法(コンクリート打ち替え)の1/10!

    アップコン工法は床を壊さないため、養生期間を必要とせず、従来工法と比較し大幅な工期の短縮化を実現。

    施工後はすぐに操業開始可能です。
  • 高い技術力と資格をもった自社社員

    アップコンの施工スタッフは全員が所定の教育を受け、高い技術力を身につけております。経験を積んだ社員だからこそ出来る、精度の高い仕上がりでお客様のお悩みを解決します。
  • 営業を止めない

    業務を止めずに短時間修正。床を壊さず施工。

    大型プラントの設置も不要なので、機械や荷物の撤去も必要ありません。
  • 施工がコンパクト

    アップコンは資機材一式を搭載した施工プラント車で、北は北海道、南は九州・沖縄まで直行します。

    建物の出入り口付近に施工プラント車を配置し、そこから80m延長可能な樹脂注入ホースを施工箇所まで伸ばして施工を行います。
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら