株式会社ジーンケア研究所

新着情報

2015.01.30
応援メッセージが公開されました。

会社情報

会社名 株式会社ジーンケア研究所
代表者名 六川 玖治 (代表)
企業HP http://www.genecare.co.jp/
所在地 〒247-0063
神奈川県鎌倉市梶原19-2
テコム第2ビル
設立 2000年12月20日
創業 2001年04月01日
資本金 6519万円
業種 医療関連
キーワード 医薬 / 開発 / 研究所 / siRNA医薬 / 医学
会社商品 PR 1)RECQ-siRNA
1987年に発見された、生体防御作用の一つである「RNA干渉」を応用し、小さな遺伝子(siRNA)を用いた抗がん剤。
がん細胞が活発に増殖するためにルーズになった機能を標的にしているために、正常な細胞には殆ど影響を与えず、がん細胞のみ殺傷かのうであり、幅広いがんに適用が可能です。
2)肝がん発症抑制剤:GK-001
東京医科歯科大学の臨床で見出された既存薬のリノベーション。
現在、東京医科歯科大学で、臨床研究を実施中です。
ウイルス性肝がん、特に日本人に多いC型肝炎患者さんは、時間の経過に従って、肝がんになりやすくなり、一度肝がんが発症すると
治療しても、年率で30%以上の確率で再発をしますが、本剤を服用することで、発症抑制と、肝機能の改善が期待されています。
事業内容 抗がん剤等の研究開発:
1)私たちに備わっている生体防御システムを利用した、副作用がなく、がん細胞を選択的に殺傷する抗がん剤です。
2)肝がん発症抑制剤の開発研究:
副作用がなく、肝がん発症抑制するとともに、肝機能を改善します。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
「優れたサイエンスに基づき、患者さんおよび臨床現場の皆様に『役立って喜ばれる』革新的医療の実現」

RECQ-siRNAに関しては、ベンチャー企業として、世界で初めて、その基本特許を持っている米国アルナイラム社から、siRNAの医療応用についての、世界的かつ独占的な実施権をえています。
特徴的な制度/社風 1)医薬品開発に必要な基礎研究を重視する。
前身が、旧厚生省医薬品機構と製薬企業4社が設立した、老化と遺伝子の安定性を研究する、期間限定(7年間)の官制ベンチャーでした。
そこで、見出された、遺伝子の安定性に重要な
「RECQ-ヘリカーゼ」を標的とすることと、特定のRECQヘリカーゼを抑えるために、斬新なRNA干渉を応用しています。
今後の事業展開/
ビジョン
RECQ-siRNAについては、先ず難知性がんの治療法確率を目指して、大手製薬系企業と共同研究を進めている。
当面の目標は、同治療法のライセンス・アウトです。
最終的には、上場あるいはM&Aを目標にしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

写真

信念、執念、情念

代表

六川 玖治

この会社のホームページを見る
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら