『人とチームの成長』及び『成長の連鎖』をプロデュース

コンサルタント業

行動経済学と認知心理療法をふまえた仕組み

育成ツール3点セット

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -

本ツールは、日常での育成を支援するための武器として開発された1on1面談用のツールと指導育成に関するハンドブックのセットです。

Daily1on1ツール、Quarterly1on1ツール、どちらも、実際に活用され、大きな成果につながったツールを行動経済学と心理療法の観点をふまえてアレンジしたもので、現場で実践・継続するために、シンプルで手軽にできるようになっています。

育成ツール3点セットの紹介

  • Daily1on1ツール

    Daily1on1ツールは、2カ月限定の短期間での1on1面談を通じて、行動科学、心理療法をふまえた内容と仕組みで定量面、定性面の成長、自立を実現できるようになっています。



     一日はあっという間に過ぎ、変化も成長もない日々と捉えがちですが、その中でも小さな変化や成長は確実に起こっています。それを確認することで自己効力感を高めつつ、アクションや結果の事実を明確に把握することで意識や行動・成果に変化が表れます。



     目標・ゴールの確認、一日のアクション結果、成長、気付きのアウトプットを指導育成する側とされる側が、一緒に確認しながら簡単なメールフォームで共有することで、実践と継続、PDCAが確実に行われることで成長につながります。 
  • Quarterly1on1ツール

    Quarterly1on1ツールは、四半期に一度、1on1面談を実施することで、個人と組織の成長を同時に実現することが可能です。



     本ツールを活用することで、個人の視点引き上げ(対組織、対環境)と四半期のアクションや成長確認を行いながら、組織の業績向上、組織力強化につながる情報や提案を引き出すことができるようになっています。



     引き出された情報や提案は、現場発のものであることから、実践すれば即、変化につながる内容であることはもちろん、組織メンバーも納得感を持って取り組むことができます。



     更に、逸材発掘にもつなげることが可能です。
  • 指導育成ハンドブック

    気になることがあっても、放置すると、すぐ忘れてしまいます。



     育成も同様です。放置した結果、同じことでまた悩むことになり、指導育成する側は

    もちろん、指導育成を受ける部下、後輩もストレスになります。



     当然、問題は解決しませんし、成長もしません。そうならないように、指導育成上で

    困った時や悩んだ時にすぐに解決することが大切です。



     本ハンドブックには、育成にあたる際の意識・スタンスから、日々の指導育成におけ

    る具体的なコミュニケ―ションの取り方(傾聴、話す・伝える、質問など)、日常の

    指導育成上で発生する困ったケースの対応法を、具体的な事 例を交えて分かりやすく

    解説しています。
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら