東新住建株式会社

駅近マンションと一戸建て住宅の融合

デュープレジデンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -

駅まで徒歩圏内の立地に建てられた東新住建のデュープレジデンス。
駅近マンションの利便性と、戸建住宅並みのゆとりと快適性を両立したシンプルなコンセプトは、ミニマルライフを実現する全く新しい住まいです。全戸角住戸、合理的思想が生んだ「駅近戸建てマンション」です。

デュープレジデンスの紹介

  • デュープレジデンスの特徴

    東新住建のお届けする「デュープレジデンス」は既存のマンションを超えるような特徴があります。



    1つ目に、主要駅の徒歩圏内の立地に建てられている事。

    デュープレジデンスは駅近マンションの利便性を追求し、「通勤時間を家族時間に。」というテーマを掲げています。交通アクセスを重視したデュープレジデンスは、主要都市の主要駅周辺の立地のみ。全てが駅まで徒歩10分圏内を基準に建てられています。



    また、全戸角住戸であるデュープレジデンスは、建物がちょうど中央から左右対称に区分された「セミ・デタッチドハウス」と名付けられ、ロンドンの高級住宅地などで多く目にする建築様式です。

    全部屋が通風や採光面に優れた開放感のある角部屋となり、住人数が限られるためプライバシー性も高水準を誇ります。また上下階を占有するメゾネット構造により、1階、2階の空間の自由な使い方が可能となる他、住人同市の振動や騒音トラブルなども大きく抑制。その他専用玄関や専用庭など、駅近マンションでありながらまるで一戸建て住宅のようなゆとりを実現する、効率的な設計です。



    デュープレジデンスでの都心生活は、「時間」というかけがえのない資産とゆとりある豊かな生活を確保し、一層充実したライフスタイルをもたらしてくれます。
  • 主要都市に800戸を超える建築実績

    東新住建は1976年より、総合住宅メーカーとして人と環境に優しい住環境づくりに貢献してまいりました。

    木にこだわり、木造の強みを生かした工法の開発など、地震や災害に負けない家づくりを通じて安心で健全な暮らしを支えております。創業以来累計22,000棟にものぼる建築実績から得たノウハウをつぎ込み創り上げたデュープレジデンスは「豊かな都心生活を、より多くの人に届けたい」という思いを持てるすべての技術と発想で具現化した、新スタイルのマンションです。

    デュープレジデンスは名古屋をはじめ多くの主要都市、主要駅付近に計800戸、通勤と暮らしの快適を求める様々な方から支持されています。
  • 駅近一戸建てマンションとして

    デュープレジデンスは利便性の高いエリアに特化したマンションです。駅までの距離は全て徒歩10分圏内。シンプルで快適な暮らしを実現します。

    通常のマンションでは土地は共有扱いになるのに対して、デュープレジデンスは土地も、建物も、全て個人資産として保有していただけます。また、無駄な共有部を全てカットした効率的な設計により、月々の管理費や修繕積立費は不要です。

    さらにメゾネット構造に加え遮音性の高い二重壁構造を採用し、各境界壁に高性能グラスウールをいれ、壁間に空気層を設けるといった何重もの工夫により音の新入もカット。

    戸建て住宅とマンションのいいとこ取りを高い水準で実現したのが、東新住建がご提案する駅近一戸建てマンション「デュープレジデンス」です。
経営者専用ビジネスマッチング

経営者の人脈と経営を拡大する
無料のビジネスマッチングアプリ

詳しくはこちら