株式会社東京繁田園茶舗

好きな仕事であればこそ、長続きする

代表繁田 豊

動画の続きを再生するには会員登録して下さい。
この動画をシェアする
埋め込みコード
<埋め込みコード>

※このHTMLタグを利用して任意のページに動画を埋め込むことができます。 閉じる
写真

お茶屋の運営を通じて、日本茶やコーヒー生豆の卸売を手掛ける【株式会社東京繁田園茶舗】。繁田社長は東京という商圏の強みを最大限に活かすとともに、子供たちを対象としたお茶淹れ教室を開催することで、その意識変革とより幅広い世代への普及に取り組む。

[番組公開日:]

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -
プロフィール
代表者名
繁田 豊
生年月日
1948年3月16日
出身地
東京都杉並区
出身大学
青山学院大学
趣味
ゴルフ、マージャン、旅行
休日の過ごし方
自宅にて静養
過去に経験した
スポーツ
卓球、硬式テニス、バドミントン
座右の銘、
好きな言葉
美味しい飲み物で人生に潤いを。
メッセージを送る

掲載社長からの推薦文

応援メッセージ

会社情報

会社名 株式会社東京繁田園茶舗
代表者名 繁田 豊
企業HP http://www.greentea-net.co.jp/
所在地 〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1-14-16
1F 阿佐ヶ谷パールセンター内
創業 1947年1月15日
資本金 1000万円
前期の年商 2億2000万円
従業員数 32名

業種 食品 / 通信販売・ネット販売 / その他専門店・小売
キーワード 茶 / 販売 / コーヒー / ブラウンチップ / お茶Bar
会社商品 PR 日本茶に関しては、産地に直接出向き仕入れ、独自のブレンド(合組み)により、他店との差別化を図っている。
コーヒー部門では、豆(ラゴアと命名)をブラジルより、直輸入し全国の自家焙煎店に卸している。
尚、小売店においては、受注焙煎方式で、各顧客の味覚を追求しリピーターの獲得を図っている。
事業内容 日本茶専門店5店、コーヒー自家焙煎店1店での小売販売、日本茶、コーヒー生豆の卸売。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
日本茶は数ある飲料の中でも、歴史のある飲み物であり、美味さだけでなく、栄養面でも優れている。
この素晴らしさを、広く長く伝える事がこの仕事を続ける意義と考えている。
またコーヒーにおいては、ブラジルに移民した日本人が丹精込めて生産した豆(カルモシモサカ)を祖国に紹介する、という夢の手助けの為輸入枠を獲得したが、農場の売却により現在はブラジル最高級豆(ラゴア)の販売へと移行している。
特徴的な制度/社風 日本茶の普及のため、店頭でお茶Bar(自分で急須で淹れテイクアウト)を行ったり、本店の会議室を利用し「お茶の達人道場」を定期的に開催し、日本茶文化の発信に努めている。
茶部門販売の前線で活躍しているのはベテラン主婦が殆どで、消費者目線での提案も数多く取入れている。
コーヒー部門スタッフは、コーヒーを深く愛しその素晴らしさを伝えようと日々熱心に業務に取り組み、通信紙、ポスター、POP作成等にセンス、技量を発揮している。
独立し店を構えた者も多く、年齢層は茶部門に比べかなり若い。
- AD -

繁田代表を推薦している社長

ソフトブレーン・サービス株式会社野部剛 株式会社うるる星知也 バイオミストジャパン株式会社川越広之 株式会社オーム浦上晃 ミリオンリース販売株式会社伊藤義治 株式会社リンクオブアジア春日由美 株式会社CBMIホールディングス小野雅弘 株式会社ソルティアーツ森昌広 有限会社ジブトリマーズ田中慶幸

相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,906社の中から提案が届きます 詳しくはこちら