学校教育を司る、専門家の思想

教育関連企業特集2015.09.28

厳しい寒さも和らぎ、春の暖かい日差しが気持ちの良い季節になりました。
巷では着慣れないスーツを身にまとい歩く新社会人の姿を見かけます。
これから数多くのことを社会で学ぶ彼らですが、これまでは学校で先生にその基礎となる学びを受けたことでしょう。
その経験を経て、皆が大人へと成長するのです。

日本で教育制度が定められたのは、701年の大宝律令といわれています。
その後に寺子屋が設けられ、明治時代には初等教育から高等教育までの近代的な学校制度が確立しました。
時が経ち、現在では『塾』『高等学校』『専門学校』『大学』の中から自分の将来に合わせ、どこで何を学ぶかを自由に選択することが出来ます。

Buzipでは様々な学校だけでなく、教育の一環として使用される『教材』を製作する企業様にもご掲載頂いており、
現在の日本教育を支える方たちをピックアップいたしました。

「学生と向き合う教員の熱意」
「教育に助力する企業の想い」
「教材を製作する機関の姿勢」

それぞれの教育に対する「教育論」を是非、ご覧ください。


もっと見る
相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,900社の中から提案が届きます 詳しくはこちら