有限会社中村茶舗

新着情報

2015.01.07
株式会社佐田 佐田 社長から推薦を受けました。

会社情報

会社名 有限会社中村茶舗
代表者名 中村 寿男
企業HP http://www.nippon-tea.co.jp
所在地 〒690-0064
島根県松江市天神町6
設立 1949年6月14日
創業 1884年12月
資本金 720万円
前期の年商 4億3000万円
従業員数 28名

従業員の平均年齢 39.5歳
業種 その他専門店・小売 / 食品 / 通信販売・ネット販売
キーワード 日本茶 / 茶道具 / 蕎麦 / 蔵枯し / 一の白
事業内容 弊社は、明治17年(1884)初代中村末吉が、宇治の茶問屋中村藤吉本店から分家し、松江の地に茶商を開業したのが始まりです。今年で 128年になります。
私の曽祖父にあたる中村末吉は、全国的にも闘茶(とうちゃ;お茶の味を利き分ける技術)でその名が知られており、また、抹茶を効率よく大量に挽くための日本初の電動石臼を作った発明家でもありました。
この伝統を引き継ぎ、弊社は、自然の恵みを生かした「お茶づくり」と、創業以来の誠実一筋の老舗の味と香りを大切に守り、今日まで山陰・松江の歴史、文化と共に時代を歩んで参りました。
わたくし中村寿男(なかむらひさお)は、平成14年3月1日に中村茶舗の第4代目社長として就任いたしました。百二十余年の伝統の重みをしっかりと受け継ぎ、平成17年5月2日にはISO9001:2000の認証を取得し、会社自体の品質向上にも努めるとともに、食品としての新しいお茶のあり方も 国内外に 販売網を広げながら、追求していきたいと思っております。
弊社には 松江の茶文化を特に普及された松江藩7代目藩主「松平治郷(まつだいらはるさと)」こと不昧公(ふまいこう)の直筆の掛け軸が 弊社の家宝としてあり、その中に書かれている茶銘「中之白(なかのしろ;抹茶)」を看板商品に 日本茶 特に抹茶、日本茶関連商品、各流派の茶道具、茶そば、茶そうめん、日本茶をアレンジしたスイーツ、そして 日本の文化を初めて世界発信した外国人であり、地元松江をこよなく愛した「ラフカディオ・ハーン」こと「小泉八雲(こいずみやくも)」の愛飲したコーヒーの再現「ラフカディオ・コーヒー」等を 現在、商品としてあつかっていいます。
また 弊社は 数年前から 海外にも 積極的に展開、2007年からは タイに「CHAHO」という日本茶ショップを タイ人とのコラボで 現在、7店舗ほど出店しました。この展開のコンセプトは 日本茶文化、店舗展開と共に 日本茶の文化も教える教室も 初めたことから、これが タイ政府の皆さんの目に留まり、2009年には タイ王室ソワンサワリ王妃に お茶を差し上げる栄誉にもあずかりました。
弊社は、事業を通して これからも日本茶の更なる普及と茶文化の伝統を広め、世界、日本そして山陰の発展にお役に立てるよう努めてきます。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
Ⅰ.経営理念

一、心の底からおいしいと感動するお茶
一、日本の伝統文化を継承するお茶
一、お客様の健康を守るお茶

を科学・化学・医学的にも追及するお茶の総合食品メーカーをめざします。


社是

一、私たちは、お客様にお茶の文化伝統・価値を伝えていきます。
一、地域社会に貢献するオンリーワン企業を目指します。
一、仕入先よし、社員よし、顧客よし、の「三方よし経営」を推進します。
特徴的な制度/社風 弊社に入ると、自然と日本文化の中の日本茶文化を勉強していくことができます。あるとき、ふとして忘れていた懐かしき日本文化の趣を感じ取ることができます。なぜならば日本茶の世界には 日本文化の基本的なものがたくさん残っています。そして、海外に出てみると、日本人としてのアイデンティティが 自然に 身についていることに気がつくはずです。
今後の事業展開/
ビジョン
現在、タイでもタイ人とのコラボレーションで「CHAHO」を7店舗展開しています。この経験から(海外でも日本でも)新しい日本茶の展開が出来ることを弊社は体験しました。と同時に、私たちは 改めて日本文化の中の日本茶文化の奥深さと誇りを感じました。益々日本茶業として、日本人として、日本茶の素晴らしさを 国内外に 伝えて行ける企業です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

この会社のホームページを見る
相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,901社の中から提案が届きます 詳しくはこちら