鈴木薄荷株式会社

商品を支える素材を造る、『黒子』のような仕事

社長和田 芳明

動画の続きを再生するには会員登録して下さい。
この動画をシェアする
埋め込みコード
<埋め込みコード>

※このHTMLタグを利用して任意のページに動画を埋め込むことができます。 閉じる
社長動画を再生するには
Adobe Flash Playerのインストールが必要です。
以下のリンクからインストールをお願いします。

医薬品などに使われる薄荷(はっか) の製造、販売を営む【鈴木薄荷株式会社】、和田社長。医薬品や食料品など、様々な商品に含まれる素材として、『黒子』のように商品を支えている。生産国の分散を進めることでリスクを低減するとともに、お客様に安心できる商品を届けてゆく。

[番組公開日:]

このエントリーをはてなブックマークに追加
- AD -
プロフィール
代表者名
和田 芳明
生年月日
1950年3月2日
出身地
兵庫県西宮市
出身大学
関西学院大学 経済学部
趣味
ゴルフ 読書 旅行
休日の過ごし方
ゴルフが多いですが、孫が良く来るので孫の相手
過去に経験した
スポーツ
中学から大学まで野球をやってました。
座右の銘、
好きな言葉
現場主義

メッセージを送る

掲載社長からの推薦文

応援メッセージ

  • 匿名

    和田代表自ら、人は一人では何も出来ない、会社というものはみんなで力を合わせなければならないとお話しされていて、感動しました。その通りだと思います。

    匿名

会社情報

会社名 鈴木薄荷株式会社
代表者名 和田 芳明
企業HP http://www.suzuki-menthol.com/
所在地 〒657-0045
兵庫県神戸市灘区下河原通1-3-1
創業 1927年7月4日
資本金 1100万円
前期の年商 14億6000万円
従業員数 24名

業種 食品
キーワード ハッカ / メンソール / ハッカ油
事業内容 当社は鈴木商店(神戸市)が1902年より手がけてきた薄荷製造販売事業を継承し、薄荷粗油を精製し、薄荷脳、薄荷油を生産、医薬品メーカー、食品メーカー、たばこメーカー等に販売している。
特徴的な制度/社風 当社は明治から大正昭和にかけて三井三菱と方を並べるような総合商社であった鈴木商店(神戸市)の薄荷事業を、昭和2年、鈴木商店の破綻後に継承して現在に至っています。
会社の冠に「鈴木」、屋号に鈴木の「カネタツ」のマークを戴いておりますのは、現在は弊社だけで有ります。
- AD -
相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,889社の中から提案が届きます 詳しくはこちら