有限会社松尾設計室

新着情報

2017.05.17
ブログ記事 “自分が使っている電気が省CO2かどう...” を追加しました。
2017.05.17
ブログ記事 “自分、社員、そしてお客様の家計を...” を追加しました。
2017.04.13
ブログ記事 “昨日大阪講演のついでに最新型の有...” を追加しました。
2016.12.20
ブログ記事 “2017年1月2月の講演予定” を追加しました。
2016.11.19
ブログ記事 “「家庭からの二酸化炭素排出量の推...” を追加しました。
2016.11.04
ブログ記事 “今の日本では電気自動車はハイブリ...” を追加しました。
2016.10.22
ブログ記事 “2016年10月18日村上敦さん...” を追加しました。
2016.09.12
ブログ記事 “9月中旬から10月末までの講演予定” を追加しました。
2016.08.26
ブログ記事 “大西憲司先生が設計された住宅のオ...” を追加しました。
2016.08.18
ブログ記事 “エコキュートの累積出荷台数が50...” を追加しました。
2016.07.21
ブログ記事 “7月31日(日)に神戸市垂水区で...” を追加しました。
2016.07.01
ブログ記事 “明日は姫路にて見学会です。今から...” を追加しました。
2016.06.23
ブログ記事 “” を追加しました。
2016.06.23
ブログ記事 “構造基準は厳しくすべきか?” を追加しました。
2016.06.11
ブログ記事 “「気密」と「車のボディ剛性」には...” を追加しました。
2016.06.06
ブログ記事 “なんともいえない気持ち悪さを感じ...” を追加しました。
2016.05.30
ブログ記事 “最新号の「建築知識ビルダーズ 201...” を追加しました。
2016.05.21
ブログ記事 “耐力面材がなく、筋交いだけで耐力...” を追加しました。
2016.05.21
ブログ記事 “5月下旬から8月までの講演予定” を追加しました。
2016.05.12
ブログ記事 “やっぱり今まで耐震等級3にこだわ...” を追加しました。

会社情報

会社名 有限会社松尾設計室
代表者名 松尾 和也
企業HP http://www.matsuosekkei.com
所在地 〒673-0018
兵庫県明石市西明石北町1-3-20
エルコーポ88ビル2F
設立 1990年04月02日
創業 1985年04月01日
資本金 500万円
従業員数 5~10人未満

業種 設計
キーワード 建築設計 / 一級建築士 / 許容応力度計算
会社商品 PR 「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」というのが当社が設計する建築物全てに共通するところです。この業績が認められ、サスティナブル東京世界大会にてサスティナブル住宅賞も受賞しました。
また、日経アーキテクチュア、日経ホームビルダー等の専門誌への執筆も行っています。
またLIXIL、YKKAP、パナソニックといった超大手企業からの講演依頼も多数あり、現在では月平均4件の講演を依頼されている。
事業内容 住宅を中心に、500㎡程度までの各種建築物の設計、監理業務を兵庫県を中心に行っています。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」この言葉だけをとれば、特別なんの変哲もない理念に聞こえます。しかしながら、住宅業界は人生最大の買い物であるにも関わらずまったくもって客観的な性能表示がなされてこなかった業界でした。当社の住宅では車の燃費の如く定量的にどの程度性能があるのかを明確に示すことでカタログや営業マンのイメージによってできあがる「省エネっぽさ」とは一線を画する住宅を提供しています。詳しくは下記のサイトのF邸、セイズモデルハウスをご覧いただければと思います。
http://tatemono-nenpi.com/map/
特徴的な制度/社風 「お客様は神様だ」という方がいらっしゃいますが、私はそれだけでは駄目だと思っています。「お客様と社員は同じくらい大切である」という考えがなければ、社員は決してお客様を大事にはしてくれないと考えています。
また、小さな会社ではありますが、社長の私が読書狂ということもあり、情報収集に関してはどこにも負けないという自負があります。建築専門誌の多数購読はもちろんですが、自分が行う講演以外にもいい住宅を建てるために有用な情報が手に入るようであれば、東京はもちろんのこと、海外出張も厭わずに行きます。そういうことから得た知識を全社員で共有し、全社員が、楽しみながらも高いレベルで責任を持った業務が遂行できるようにしています。
今後の事業展開/
ビジョン
「一人でも多くの方に我々の住宅を提供したい」と思っています。しかしながら、クオリティの高い設計を行うにはクオリティの高い設計者が必要になります。ところがそういう設計者を育てるには「本人の努力」「長い時間」「ある程度の素養」の3つが不可欠です。それを承知の上で、量産会社のようにはいかなくとも、レベルの高い設計者を一人でも多く育てたいと思っています。
- AD -
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

この会社のホームページを見る
相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,911社の中から提案が届きます 詳しくはこちら