工具を通してのお手伝い  株式会社ビット

精密機器

フォトアルバム

新着情報

2017.03.24
フォトアルバムに写真が5枚追加されました
2017.03.24
代表「柳沢 哲也」のフォトアルバムに写真が3枚追加されました
2016.03.21
フォトアルバムに写真が1枚追加されました
2016.03.19
フォトアルバムに写真が13枚追加されました
2016.03.14
フォトアルバムに写真が1枚追加されました
2016.01.07
有限会社真京精機 武田 専務取締役から推薦を受けました。

会社情報

会社名 株式会社ビット
代表者名 柳沢 哲也
企業HP http://biteway.jp/
所在地 〒370-2322
群馬県富岡市岩染343
設立 1965年05月20日
創業 1959年11月20日
代表就任年度 柳沢代表は2006就任
資本金 2500万円
前期の年商 3億3000万円
従業員数 10~30人未満

従業員の平均年齢 35~40歳
業種 精密機器
キーワード 工具 / 研磨 / 切削 / スローアウェイチップ / ろう付
会社商品 PR  精密研削盤で研磨された工具は1ミクロンの精度を実現しています。また、検査も画像測定器で測り、品質には万全を期しています。
 刃物の仕上げ面精度の向上にも、力を入れ、高寿命工具にも定評があります。
 ろう付機も、タッチパネル式ろう付機を導入し、職人の勘の世界と言われていた、ろう付の品質の安定化を実現しています。
 社内一貫生産の体制を敷き、高精度で寿命の長い工具の製作を得意としています。
事業内容 工業用機械刃物・工具の製造・販売。
お客さまの求めに応じて、様々な形、材質、形状のものを完全受注生産している。テスト品、1個からでも受ける。
製造された工具は、機械に取り付けられて、削る、切る、粉砕する、曲げるなどの運動から、いろいろな部品をつくる。顧客の、こうしたい、ああしたい、という要望を実現する企業である。

精密研削盤で研磨された工具は1ミクロンの精度を実現しています。また、検査も画像測定器で測り、品質には万全を期しています。
刃物の仕上げ面精度の向上にも、力を入れ、高寿命工具にも定評があります。
ろう付機も、タッチパネル式ろう付機を導入し、職人の勘の世界と言われていた、ろう付の品質の安定化を実現しています。
社内一貫生産の体制を敷き、高精度で寿命の長い工具の製作を得意としています。
企業理念/
こだわり/
他社との違い
 より良いものづくりの追求をとおして、社員のスキルアップ、人間性の向上を目指しています。
 高付加価値経営を実現することにより、将来の幸せが実現できます。
 これは、ビットウェイ(ビットの進むべき道)で定義しています。
業務改善に力を入れていて、月に1回、全社員で会議を行い、報告や反省や目標の確認、勉強会等、業務の効率化のスキルアップをしています。また、社内のグループ活動も盛んです。
特徴的な制度/社風  会社の理念・目標。やって欲しいこと、して欲しいこと。仕事についての考え方は「ビットウェイ」(ビットの進むべき道)に記載し、社員全員の判断基準を、同じ方向に向けています。
 また、月に1回、バランススコアカードにて、全社・各部署の前月の目標達成率をチェックし、顧みて、次月のアクションプランを再度検討しています。
 これにより、今会社の状態、自分たちの目標達成状況、そして、これからどんなアクションをしていかなければならないかが、明らかになります。
今後の事業展開/
ビジョン
 20年後のビジョンを「日本一のオンリーワン技術を保有する 技術提案開発型企業」になると、見える化しています。
 常に未来志向で業務に取り組む姿勢があります。気づきがあったら、それを見える化し、社員全員で解決策を考える。今は小さな一歩かもしれませんが、いずれは大きな道になっていきます。
- AD -
このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者名

この会社のホームページを見る
相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,907社の中から提案が届きます 詳しくはこちら