株式会社ストローク

食べることは生きること

代表住本 幸三

動画の続きを再生するには会員登録して下さい。
この動画をシェアする
埋め込みコード
<埋め込みコード>

※このHTMLタグを利用して任意のページに動画を埋め込むことができます。 閉じる

価値あるおいしさで未来を創造する企業【ストローク】。 「食べることは生きることで、生きることは健康でなければならない」との想いから日々、食を追求する住本社長。今を生きる若者へ向けたメッセージは胸に迫るものがある。

[番組公開日:]

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
代表者名
住本 幸三
生年月日
1948年2月22日
出身地
愛媛県
出身大学
中京大学法学部卒
趣味
読書(歴史・サイエンス・地政学)
休日の過ごし方
家庭菜園・犬と過ごす・映画
過去に経験した
スポーツ
スキューバダイビング・スキー・ゴルフ
座右の銘、
好きな言葉
未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように早く飛ぶ去り、過去は永遠に静かに立っている(時の歩みは三重)

私の信条 
住本 幸三
一九八九年
USA SCにて
「日々是新」
新しいことは改められた事、生まれたこと、出直しのこと、受取り方が美しくまったこと。
人をののしり、邪魔者を除くことに捉われている人は自分で不幸になっている人です。
自分を過信すると誰にでも冷たくなる、人の悪い所だけしか見えなくなる、そして自分もめくらになる。
相手の非を打つことは誰にでも出来るが、相手から学び共に成長していく事は精神が高くなければできないことだ。
経営者の前に妻であり夫でありそして人間でなければならぬ、人間らしさに戻る、私は満点ではないと気付くことである。
人のせいにしている間は絶対に幸せにはなれない、自分の責任と云えたとき、初めてすっきりする。
身から出た錆と頂けたところに合掌が生ずる。
自分は満点でないことにいつも目覚めていく所にだけ人間に戻れる。
苦しいのは自分(私)を中心にしているからだ。

草も木も枯れる野辺にただ一人松のみ残る弥陀の本願
代表就任以前の
職種
都築紡績株式会社
ブログURL
http://yaplog.jp/happy-sunlunch/archive/171
◇『ストローク栄養士によるブログ **Happy Sun Lunch**』
メッセージを送る

もっと見る

掲載社長からの推薦文

応援メッセージ

  • 匿名

    食を通じてストロークの魅力をどんどん
    伝えていって下さい。

    匿名
  • 匿名

    若者に対する想いが伝わってくる動画でした。若輩者のわたしも、ぐんとつよく背中を押された気分です。有難うございました。

    匿名
  • 匿名

    食を大切にする考え方は、おじいさまから受け継がれたものだというエピソードがとても印象に残りました。食への強いこだわりが伝わってきました。
    これからもご活躍を期待しております。

    匿名

会社情報

会社名 株式会社ストローク
代表者名 住本 幸三
企業HP http://www.kk-stroke.jp/
所在地 〒480-0202
愛知県西春日井郡豊山町豊場字伊勢山366番地
設立 1990年6月1日
創業 1990年6月1日
資本金 1300万円
前期の年商 2億円
従業員数 10名

従業員の平均年齢 32歳
業種 専門サービス業
キーワード 給食
事業内容 ◇事業所向け給食弁当の献立(レシピ)とカラーメニュー表を制作販売
◇高齢者介護施設向け365日3食の献立(レシピ)とカラーメニュー表の◇製作販売
◇幼稚園向け献立(レシピ)の製作販売
◇弁当の販売(夕食宅配メニューの制作含む)
◇弁当事業者・外食事業者等へのコンサルティング
◇通販向け商品開発と販売(食品)
◇量販店向け食品の企画開発と製造販売
◇ソフト食(楽イート)の販売
◇FCチエーン展開本部コンサルティング

ユーザーの視点から開発された献立や食品
関連会社 株式会社はたらいく本部 株式会社 京三昧
SUNクラブ便りを毎月発行
企業理念/
こだわり/
他社との違い
【社 訓】
お客様ありて!
いつも感謝の気持ちを忘れずに!
生き生きとした明るい組織・利益の上がる組織になろう。

【経営理念】
「食=安心・安全=健康」
「お客様に何をしてあげられるのか?」
食のメニュー開発を通じて、グローバルな視点で、生きた情報の提供による共栄共存を目指し社会貢献をします。
行動規範

【目配り・気配り】
意思の統一・目標の統一・行動の統一

【経営三原則】
(1) お客様は何を求めているのか?
(2) 同業他社はどの様にしているのか?
(3) では、我々は何をするべきか! するのか?

【経営戦略】
自らが環境に適応して、生き残ることが出来るように、過去を省み、今日・明日・三年後にどう生き残るのか?

(1)成功要因は何なのか?よく見極める事!自社の置かれているポジションは同じ業界内でも異なる。
(2)良い商品を生み出すこと!(決して独りよがりの商品とならないこと)
(3)販路の強化拡充のため「今日を売る」事より、「売れる仕組み」を構築すること。
(4)人財(人材)育成は会社存続の要!(成長存続と共に従業員へ還元する)
(5)情報収集・整理・分析をすること!(情報なくして企画・粗油品開発の道はない)
(6)最大武器を構築して、当社の強みを強化発揮すること!
(7)経営能力の向上と、財務体質の改善を行う「こと。
(8)重要課題となる問題の解決は、優先順位を決めて、計画化すること!
特徴的な制度/社風 時々食事会(外食)や社長が料理して皆で食す。
献立を作る立場から(栄養士・管理栄養士)の顧客訪問
今後の事業展開/
ビジョン
グローバルな世界経済・政治の流れの中で、国内では世界に先駆けて最速で少子高齢化が進み、就労人口の減少による様々な業種業態に於いてマーケットが大きく縮小。
過去の延長に将来展望は見られないので、ピンチをチャンスととらえて、サルベージ型企画提案営業を昇華させて、食サービスの在り方を今までの取引先を含めて推進させる。

住本代表を推薦している社長

株式会社佐田佐田展隆

相談するだけビジネスマッチング
仕事のお困りごとを書いて待つだけ。Buzip掲載5,912社の中から提案が届きます 詳しくはこちら